東京銀座で、結婚相談所「最短結婚ナビ」を主宰する、仲人の鎌田れいです。

婚活アプリ、無料で使えるサービスもあったり、有料でも安価だったりするので、とても人気ですよね。

出会いの方法は、なんでも良いと思います。

今日は、アプリと結婚相談所の違いをご説明しますね。

婚活アプリは、身分証明書の画像を送ると登録できるもの、またそれを送らなくても登録できるものと、ポータルサイトによって、様々です。

ですが、対面で確認をしている訳ではないので、他人のもの、また一部偽造したものでも、身分証として通ってしまいますよね。

では、結婚相談所はどうか。結婚相談所では

・独身証明書(原本)

・身分証明書(住民票、免許証、健康保険証、旅券などの写し)

・短大卒業以上は、卒業証明書

・資格を有する職業(医師、弁護士、会計士、教員など)は、資格証明書

・収入証明書

これらの公的書類の提出が義務付けられています。

ですから、登録されている方達の経歴に嘘がないのです。

以前、私の会員女性が、相談所と並行して婚活アプリでも活動をしていました。そして、アプリで、年収1000万の素敵な男性に出会いました。

アプリの男性との結婚を決めた彼女。ところが、蓋を開けてみると、男性の年収は400万しかなかったのです。

ですが、彼女は、「彼は優しい人ですし、力を合わせて頑張っていきます」と相談所は退会していきました。

お金があれば幸せになれるかというと、そうではないと思うので、彼女が「力を合わせて」というなら、それも人生の選択だと思います。

しかし、嘘の年収をアプリに入れることができる男性は、それが彼の人間性のような気がします。

みなさんは、どう思いますか?

婚活する場所は、他にも婚活パーティ、合コン、街コンなど、様々ですが、正しいプロフィールを知った上での出会いには、結婚相談所をおすすめします。