アラフォー婚活 最短結婚

東京駅八重洲、横浜、埼玉で30代、40代の方たちの最短結婚を応援している「最短結婚ナビ」、鎌田れいです。

アラフォー婚活女性の勘違いポイント「若く見える」「同世代か年下がいい」「普通でいい」

もう何年も婚活しているのに、理想のお相手に巡り会えない。お見合いを繰り返しているのにうまくいかない! そう思っている女性はもう一度ご自身の婚活市場における立ち位置を見直してみましょう。

決して高望みしているわけではないと思っていても、その理想がかなり高くなっていませんか?

 

 

若く見えるという自信は婚活にはマイナスでしかない

年齢にはとても見えない綺麗なアラフォー女性が増えています。アンチエイジング美容は花盛り。サプリ、美容液、プチ整形と大人気です。いつまでも綺麗でいること、若く見えることは女性にとって大切なことです。

しかし、アラフォー女性が婚活シーンにおいて「若く見える」ことを自信にしてはいけないんです。「私は若く見えるから大丈夫!」と安心していると婚活を何年やっても結婚にまでたどりつけません。

一般的に男性は女性の見た目を気にします。人によって好みはあるにせよ、かわいい女性、美人な女性が好きです。大好きです。ですから恋愛シーンにおいては容姿のいい女性はモテます。

ところが、結婚となると大きく違うのです。

結婚相手を探している男性にしてみたら、見た目の美しさよりも若さが譲れないポイントになっています。

40歳の美人でスタイル抜群の女性よりも、25歳の平凡なルックスの女性が好まれます。

なぜかといえば、30代後半、40代、50代の男性が「結婚したい」と思うのは、「家族を築きたい」「子どもが欲しい」という気持ちがあるから。

出産できる年齢に、幅を持たせたいので若い女性を選ぼうとするのです。

若く見えることは素晴らしいことなのですが、結婚にとって大切なことは「見た目年齢」ではなく「実年齢」なんです。

 

またこれは生き物の性で、「若さ」は失われていくもの。いくらお金を積んだところで買えませんから、そこには唯一無二の価値があるのです。

若く見える 最短結婚

結婚するなら同世代か年下がいいと思っていたら、結婚は遠のくだけ

男性が「子どもを作ることを考えたら、若い女性と結婚したい」と思っているように、アラフォー女性も「最後のチャンスに子どもが欲しい」と願っています。

ですから、選ぶお相手の年齢設定を、「できれば1個が2個上」「どんなに譲歩しても5歳上まで」「年下でもいい」としています。

なぜなら働き手になるお父さんには、なるべく長い年数働いていてほしいから。

同世代が年下がいいというのは、あなたが20代なら通用します。

また偶然に出会って恋が始まる恋愛なら可能です。

でも先にも記しましたが、あなたがターゲットにしている同世代や年下男性は、出産できる年数に幅のあるアラサーを結婚相手として探しているのです。

理想としている男性にお見合いを申し込んでも、申し込んでも受諾されない。30人申し込んでやっと一人受諾されお見合いしてみたら、まったくコミ力のない男性だった。ハイ、お断り。

そんなことを半年も1年も続けていたら、年だけ重ねていきます。

アラフォー女性を結婚相手に見ているのは40後半から50代以上の男性です。もちろんご自身の婚活ですから、同世代や若い方に申し込んでもいいんですよ。でもその層だけを狙うのではなく、年齢の幅を広げてこれまで結婚対象にしていなかった年齢の男性にも申し込んでみることです。

コミ力のない同世代の男性よりも、包容力、思いやり、経済力のあるアラフィフ男性のほうが結婚した時に幸せいなれると思いませんか?

 

 

「(お相手は)普通でいい」は、本当に「普通」ですか?

「高望みはしていません。普通の男性でいいんです」と、みなさんがおっしゃいます。

その普通を求めて、それが本当に手に入る「普通」なのでしょうか?

国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」によると、日本人平均年収は415万円です。

30代の平均年収は488万。40代の平均年収616万。

平均年収 で最短結婚

平均、イコール「普通」ということになりますが、平均月収に到達している男性はアラフォー女性ではなくアラサー女性に目を向けています。年収があればあるほど、男性は若い女性を狙っていきます。

また、身長が170㎝以上の男性は日本人全体の半分もいません。

さらに女性のみなさん見た目を重要視します。禿げていたり太っていたりする男性からお申し込みが来てもスルーです。平均のルックスの男性でないと会おうとしません。

「普通でいい」といって、「見た目」「年齢」「年収」も、いわゆる平均値(普通)を求めていたら、その男性は「普通」×3。全てが揃っていることになりかなりますから、かなりレベルの高い人になっているはずです。

見た目はイケてるけど背が低い。見た目がイケてないけど年収がいい。見た目がイケてて背も高いけれど年収が悪い。

何かに目をつむることも大事ですね。

「決して高望みしているわけではないんです」「普通でいいんです」そういっていながらも理想を高くしていたことに気づきませんか?

 

 

まとめ

婚活市場で、アラフォー女性がどうしたら選ばれるのかを考えてみましょう。

提案1 「若く見えて綺麗」だというのなら、そのメリットをいかして40代後半、50代の年収のしっかりした見た目も素敵な男性を選んでみたらどうでしょうか?

提案2 男性よりも稼いでいる。看護師のような資格があって日本全国どこにいっても仕事には困らない。公務員で定年までは定収入があるという女性は、男性の年収には目をつむって共働きをしていくことを考えれば、同世代や年下も狙えるかもしれません。

提案3 原石を探して磨きましょう。見た目がタイプではなかったとしても、会ってみたらお人柄がいいかもしれません。太っているのは痩せますし、ファッションは結婚してから女性がいくらでも変えてあげられます。

もう何年も婚活をしているのにうまくいかないのら、これまでのお相手男性を選んできた視点を変えてみましょう。

あなたのボールを受け取ってくれない相手に向かって、何百球とボールを投げてもそれは時間と労力の無駄遣いですよ。